フライパンの豆知識

フライパンの豆知識

ここでは、知って得するフライパンの豆知識を紹介しています。フライパンの表面加工とその種類、それぞれの特徴や使い方など気になる情報が満載です。また、フライパンの手入れ法にも注目しています。 フライパンにはさまざまな種類があり、それに沿った使い方や手入れ法もあります。間違った使い方をしている人も・・・意外に多いはず。

フライパンの表面加工

最近もっとも人気のあるフライパンといえば・・・そう、表面加工のフライパンです。そんな「表面加工」のフライパンをピックアップしてみました。テフロンやフッ素樹脂、マーブルコートなどさまざまな種類の表面加工を見ていきましょう。それぞれの性質や特徴、使い方なども紹介しています。また、“フッ素加工”と“テフロン加工”の違いについてもわかりやすく説明してみました。2つのフライパン(鉄製とテフロン加工)で作った料理を食べ比べる・・・というコラムもあるので、ぜひ参考にしてください!

フライパンの手入れ法

こびり付いたフライパンを見ると・・・ついゴシゴシと擦ってしまいたくなりませんか? しかし、その作業も素材によってはフライパンを台無しにしてしまうことに。そこで・・・ここではフライパンの正しい手入れ法を見ていきましょう。鉄やアルミ、表面加工などフライパンの素材別にお手入れ法を紹介しています。また、いつも同じ部分が焦げ付く・・・という鉄製フライパンの“初期化法”も取り上げてみました。とても簡単なので、ぜひお試しください。フライパン=安いから・・・と簡単に買い換えず、正しいお手入れを心がけ1日でも長く使っていきましょう。

フライパンに関するQ&A

ここでは、フライパンの「なぜ?」「困った!」という内容をQ&A方式で紹介しています。使い方や手入れが難しい“鉄製のフライパン”と最も人気のある“テフロン加工のフライパン”に分け、それぞれの疑問や悩みに答えています。その他のフライパンに関するQ&Aもあるので、フライパンでわからないことがあったらぜひ覗いてみてください。ちょっとマニアックな疑問(卵焼き用フライパンの使い道など)もあるので、生活に役立つこと間違いなし! 

フライパンの豆知識〜裏技編〜

フライパンの豆知識〜裏技編〜

トロ〜っとした半熟のオムレツって美味しいですよね? でも、お店のような半熟オムレツを作るのは至難の業。そこで、理想的な半熟オムレツを作る裏技を紹介します。まず・・・ボウルに卵を入れたら、箸で切るようにしてよく溶きましょう。フライパンを強火にかけたら、そこにバターを入れてください。バターの泡が消えかけたら一旦火から下ろし、濡れ布巾にフライパンを置いて10秒ほど冷まします。フライパンを再び強火にかけ、そこに卵を流し入れてみましょう。濡れ布巾で冷ました上、冷たい卵を流し入れることでフライパンの温度は約80度になります。これは卵が固まる温度とほぼ同じ・・・よって、ゆっくりと鍋を振るだけで誰でも簡単に半熟状態を作ることが可能。卵が半熟になったらフライパンの先に寄せて、濡れ布巾の上で少し冷まします。あとはフライ返しを使って丁寧にひっくり返し、フライパンの縁からお皿に移すだけ。プロ並みの“半熟オムレツ”が完成です!

コラム:フライパンの「困った」を解決!

フライパンにお肉を入れたらベタ〜っとへばり付いてしまい、無理やり剥がした結果ボロボロに・・・なんていう経験はありませんか? これは、フライパンの熱し方が不十分もしくは油がたりないことで起こりがちです。こんなときは無理やり剥がそうとせず、フライパンの底を濡れた布巾などで冷やしてみましょう。すると、フライパンの金属が収縮することでくっ付いたお肉をきれいに剥がすことが出来ますよ!

このページのトップに戻る▲
フライパン使いこなし術!
トップページ>フライパンの豆知識>
フライパンの表面加工
フライパンの手入れ法
フライパンに関するQ&A
このページをブックマークする
知っておきたい豆知識!