フライパンの表面加工

フライパンの表面加工

フライパンの種類いえば、「材質」ともう1つ・・・そう、「加工」です。最近のフライパンは、私たち消費者が扱いやすいようにさまざまな表面加工が施されています。「くっ付く」「焦げ付く」「傷付く」など、フライパンのトラブルをそれらの加工によって防ぐことができます。また、そんなフライパンの表面加工にはさまざまな種類があります。

フライパンの「表面加工」とは

フライパンには、さまざまなトラブルを防ぐために「加工」が施されています。「テフロン加工」や「マーブルコート」、「フッ素加工」などその種類もさまざま。また、IH用のフライパンもIHに対応できるよう施された加工の1つです。しかし、これだけ種類があると何を基準にフライパンを選べばいいのか・・・わからないですよね? そこで、現在使っているフライパンの問題点をあげてみましょう。例えば「食材(肉など)がくっ付いて困っている」とか、「(フライパンの)手入れが難しい」などがあると思います。そんな問題点を解決、もしくは防いでくれる加工のものを選びましょう!

「表面加工」の種類

フライパンの「材質」と同じように、「表面加工」にもさまざまな種類があります。そこで・・・それぞれの性質や特徴、使い方などを紹介しましょう。どんなフライパンを買えばいいのか迷っている・・・という人も、ぜひ参考にしてください。

フライパン【テフロン加工】

米国デュポン社で開発製造された「テフロン(フッ素樹脂の商品名)」は、万能樹脂としての優れた性質を発揮しています。こびり付き難く汚れが落ちやすい・・・要するにお手入れが簡単という点もそんな性質の1つです。また、低温調理ができるという点も特徴といえるでしょう。そんなテフロン加工にも「傷つきやすい」という難点があります。また、熱に弱く260度を超えると有毒ガスが生じることもあるとか・・・。よって、空焼きや長時間の加熱は厳禁です。

フライパン【マーブルコート】

アルミニウム鋳物にマーブル4〜8層が施されていて、どんな食材でも焦げ付いたりくっ付いたりすることがありません。もし焦げ付いたとしても、水だけで簡単に洗い流すことができますよ! また、外側のコーティングが汚れや傷をガードする・・・ことから、耐久性に優れたフライパンといえるでしょう。ただし、他のフライパンに比べると若干重たい・・・という点もあります。

フライパン【フッ素加工】

フッ素加工のフライパンは焦げ付きにくく、調理しやすいことで知られています。汚れもササッと流せるので、お手入れも簡単ですよ! ただし、弱火〜中火の調理に向いているため、鉄鍋のように高温(強火)での調理や空焼きは避けましょう。急激な加熱(もしくは冷却)や金属製のヘラなどを避けると、フッ素加工を維持することができますよ。また、お手入れには柔らかめのスポンジと中性洗剤を使いましょう。

「フッ素加工」と「テフロン加工」の違い

「フッ素加工」と「テフロン加工」の違い

フッ素樹脂をコーティングしたものを「フッ素加工」といい、これが2層にコーティングされると「テフロン加工」という名称になります。つまり、何層コーティングされたかによって(名称が)異なる・・・ということです。ちなみに、3層にコーティングしたものは「シルバーストーン加工」、4層のものは「プラチナ加工」と呼ばれています。

コラム:鉄とテフロン加工、どっちの料理が美味しい?

料理を「美味しい」と感じるのは、個人差があります。よって、一概に「こっちが美味しい」とは言い切れません。・・・とは言っても、やっぱり気になりますよね? そこで、野菜炒めを例題に考えていきましょう。野菜炒めといえば、あの「シャキシャキ」とした食感を出せるか否かにかかってきます。鉄製の場合、強火でパパッと短時間に作ることが出来ますよね? しかし、テフロン加工のフライパンは強火調理に向いていません。よって、テフロン加工のフライパンで野菜炒めを作ると・・・野菜から水分が出てしまい「煮物」のような仕上がりになってしまいます。このように「野菜炒め」という料理だけで考えると、鉄製のフライパンに軍配があがる・・・ような気がします。みなさんは、どう思いますか?

このページのトップに戻る▲
フライパン使いこなし術!
トップページフライパンの豆知識>フライパンの表面加工
フライパンの表面加工
フライパンの手入れ法
フライパンに関するQ&A
このページをブックマークする
さまざまな表面加工を見てみよう!