100均のフライパン

100均のフライパン

みなさんは、「スキレット」という言葉を知っていますか? いわゆる、鋳鉄製のフライパンです。実は今、100円ショップで売られている「スキレット」というフライパンが大人気!メイン料理・・・というよりは、お弁当のおかず作りやアウトドア料理にもってこいのフライパンです。

 

「スキレット」とは

さまざまな素材がある中、鋳鉄製のフライパンを「スキレット」といいます。この鋳鉄(ちゅうてつ)とは、溶かした鉄を砂の型に流し込んで作られたものです。通常の鉄フライパンに比べて厚さ&重さがある分、高い蓄熱性もあります。よって、食材にムラなく火を通すことが可能。表面を色よく焼き上げつつ、中までじっくり火が通る・・・そんなスキレットはハンバーグやステーキといった料理にもってこいのフライパンといえるでしょう。もちろん、炒め物やオーブン料理にだって使えます。こんな多機能なフライパンが100円なんて・・・かわなきゃ損ですよね!

「スキレット」を見てみよう!

聞き慣れない名前ではあります・・・が、実は世界各国で愛用されているとか。そこで、万人受けする「スキレット」の魅力を探ってみようと思います。1つ1つの特徴をくまなく紹介していきましょう!

スキレット【重厚感】

鋳鉄製ならではの重厚感は、スキレットの最大特徴といえるでしょう。見た目はもちろん、高い熱伝導率と蓄熱性もスキレットの特徴です。表面はカリッと仕上げつつ、中にもしっかり火が通っている・・・そんな難しい調理もスキレットならお手の物。特に、肉料理なんかでは肉汁がたっぷり詰まった最高の味を堪能することができますよ!

スキレット【万能調理】

「焼く」「炒める」「煮る」「蒸す」「燻す」「炊く」「揚げる」など、全ての調理に対応できるという点もスキレットの特徴です。アウトドアなんかでは、このスキレット1台でさまざまな料理を作ることができますよ! スキレットで燻製なんかを作ったら、注目を浴びること間違いなし。女性はもちろん、男性もスキレットを使ったアウトドア料理にチャレンジしてみませんか?

「スキレット」のお手入れ法

「スキレット」のお手入れ法

スキレット愛用者の間では、「シーズニング」という言葉をよく耳にします。このシーズニングとはいわゆる「慣らし」で、スキレットを1日でも長く愛用するために施す作業(メンテ)のことです。シーズニングを行うと、スキレットがより焦げ付きにくくなります。では、一体どのようにして行われるのでしょう? まず、スキレット(ここでは100円スキレット)を購入したら薄っすら煙が出るまで焼きます。それを自然冷却させ、お湯でよく洗いましょう。再び火にかけ、乾燥させます。乾燥させたら、柄が(手で持てる程度)暖かいうちに薄くオイルを塗ってください。ちなみに、オイルは柄の部分にも塗りましょう。さらに火にかけ、煙が出るくらいオイルを焼き切ります。自然冷却させ、再び満遍なくオイルを塗ったら終了です。これ(シーズニング)をやることで、より焦げ付きにくくなりますよ!

コラム:「スキレット」と「ダッチオーブン」

スキレットは、ダッチオーブンの仲間です。ダッチオーブンは中世ヨーロッパ生まれで、アメリカ大陸にはオランダ系の移民が持ち込んだといわれています。ちなみに、当時は脚のついていないキッチンオーブンだったとか。それに脚が付いたのは、移動生活の中で焚き火をしながら調理をするようになった西部開拓時代だそうです。このようにアメリカでは古くから用いられているダッチオーブンも、日本に入ってきたのは約25年前とごく最近のこと。ちなみに、中世ヨーロッパではフライパン型のダッチオーブン「スキレット」を花嫁道具の1つとしていたそうです。

このページのトップに戻る▲
フライパン使いこなし術!
トップページおすすめのフライパン>100均のフライパン
魔法のフライパン
ティファール
レミパン
100均のフライパン
このページをブックマークする
100均のフライパンってなに?